金銀彩

本焼きした作品に、溶かした金の含有液(金液)で柄をつけて、低温で更にもう1回焼成し、素地に焼き付けます。焼成後は鮮やかな金色の柄に仕上がります。



黒泥を使い成形し、金液で柄を入れた作品。

 

太筆でダイナミックな金彩
筆の刷けた感じも出ています。

ページのトップへ

東京の陶芸教室千秋工房 ウェディングコース
東京の陶芸教室千秋工房 久谷上絵付けコース
東京の陶芸教室千秋工房 体験レッスン
東京の陶芸教室千秋工房 お問い合わせ